ウェブサイト開発 – 知っておくべきこと




 

バックエンド

多くの開発者は Web サイトのバックエンドに重点を置いており、HTML、CSS、JavaScript などのプログラミング言語に精通している必要があります。フレームワークやサーバーだけでなく、データベースの操作方法を知ることも重要です。バックエンド開発者にとって最も一般的なプログラミング言語は Python です。Python は非常に人気があり、AI や機械学習とうまく連携します。 PHP は、もう 1 つの人気のあるプログラミング言語であり、Web サイトのデータベースからデータを取得して HTML にコンパイルし、ブラウザーに送信できるため、動的な Web ページの構築に適しています。また、データ操作など、多くのサーバー側のタスクを実行できます。

また、Web 開発者は創造的で、問題を創造的に解決でき、コードを分析してエラーを特定して予測できる必要があります。さらに、Web 開発者はテクノロジー業界について幅広い知識を持っている必要があり、Web 開発と設計に関するニュース、ブログ、フォーラムを読むことは有益です。
QA

Web サイト開発中の QA は、サイトが適切に機能することを確認するために重要です。これがないと、顧客はコンテンツを簡単にナビゲートできず、Web サイトの使用をやめてしまう可能性があります。 QA は、Web サイトがすべてのデバイスとブラウザーで適切に機能するようにするのに役立ちます。また、Web サイトの信頼性が確保され、長期にわたって安定性が維持されます。

Web開発会社を雇うときは、品質保証チームがスタッフにいることを確認する必要があります.品質保証エンジニアは、専門知識とトレーニングを受けており、お客様の Web サイトが最高水準で動作するように支援します。彼らはあなたの要件を評価して明確にするので、後で問題やバグを修正することはありません.さらに、実施するテストの種類と必要なリソースを定義して、Web サイトの包括的なテスト計画を作成します。また、自動化シナリオ、テスト ケースを開発し、テスト環境を準備します。ウェブサイト制作会社 神戸 大阪
ツール

ウェブサイトの開発に役立つツールがたくさんあります。これらのツールは、ユーザー フレンドリーで関連性の高い Web サイトを作成できるように設計されています。詳細については、公式サイトにアクセスするか、無料のオープン ソース ファイルをダウンロードしてください。ウェブサイトを持つことはあらゆるビジネスの重要な要素であり、これらのツールは成功と失敗の違いを生む可能性があります.

Web 開発者は、デザイナーと協力して Web サイトを作成および維持します。どちらの専門家も、設計プログラムとプログラミング言語を使用して作業を容易にしています。これらのタスクをより簡単かつ迅速にするために、新しいツールが毎日開発されています。
ビジネス要件ドキュメント (BRD)

ビジネス要件ドキュメントには、多くの場合、共通のセクションが含まれています。これらには、エグゼクティブ サマリー、プロジェクトの目的、およびニーズ ステートメントが含まれます。エグゼクティブ サマリーは、ドキュメントの残りの部分のトーンを設定します。短く、読者の注意を引き、必要な情報をすべて伝える必要があります。また、ドキュメントを全体的なビジネス目標にリンクし、参照を提供する必要があります。長さが 3 段落を超えてはなりません。

BRD の準備プロセスを開始するために、Alice は主要な利害関係者を集めて 2 日間の要件ワークショップに参加しました。目標は、要件を管理可能な数に絞り込むことでした。 Alice の経験は、十分に文書化された BRD の威力を彼女に示しました。彼女のチームは、関係者のニーズに機敏に対応しながら、一連の明確なビジネス要件に基づいて作業することができました。
サイトマップ

サイトマップは、ユーザーが Web サイトをナビゲートするのに役立つ便利なツールです。ユーザーと検索エンジンの両方が Web サイトの構造を理解するのに役立ちます。サイトマップを作成するには、テンプレートや Miro などのデジタル ツールを使用するなど、さまざまな方法があります。技術的なバックグラウンドを持たない人にとって、サイト マッピングは重要なツールです。

サイトマップを作成するには、すべてのページがインデックスされていることを確認する必要があります。そうしないと、Web クローラーが Web サイトの特定のページを見落とす可能性があり、これらのページは検索結果に表示されません。これは、効果のないSEOにつながる可能性があります。サイトマップは、コンテンツをカテゴリに整理するための優れた方法でもあり、ユーザーがサイトをナビゲートするのに役立ちます.

Related Post